› どこでも漫遊記 › タカの一押しアフリカ旅行

動画作成:向田 隆

2017年09月12日

サハラ砂漠の時間 ③

サハラ砂漠の砂丘の上にたち、朝日が昇るのを待つ。
持ってきたビールのロング缶を2本カバンから取り出す。

ラクダで上下に揺れているのでビールも開けるときにまずいかも?と思いながらも、
お客様にそっと1本渡して、乾杯!icon142icon151

イスラムの世界で、こっそりビール。
サハラ砂漠でのビール。
朝日を見ながらのビール。
ラクダに乗ったあとのビール。
私が昨日からお願いして厨房で冷やしていたビール

様々な要因がビールを美味しくする。face02






そして、朝日が昇ってくる。




世界最大の砂漠・サハラ砂漠に1日が始まり、また砂は灼熱の暑さになるのだろう。
1日1日、ずっと前からこれが繰り返されてるんだな

砂丘をおり、
ラクダ使いのアソウのところに戻る。
ぜんぜん起きない、アソウ。

「アソウ」と呼びかけると、眠そうに瞬きをしながら起きる(笑)
今まで暗かったので、ここで初めてアソウの顔を見るが、結構若い。

アソウはおもむろにカバンの中から新聞でくるまれたものを取り出し、砂の上に並べる。
「アルバイト、アルバイト」

並べられた商品は砂漠の砂などface08

砂漠の砂 50MDH=600円

え?砂そこにいっぱいあるやん。。




「アソウ、営業マンにいいかも・・・」

帰り、ラクダに揺られながらそう考えていたface06







(終)



  

2017年09月12日

サハラ砂漠の時間 ②

早々に寝たからなのか?
時差ボケを引きずっているのか?
5:30ロビー集合にも関わらず、起きたのは2時。

本を読んだり、2Gでめちゃくちゃ反応の遅いipad触ったりで時間を過ごす。
5時にお客様の部屋をノックし起こす。
ここには電話はない。

5:30からラクダに乗ってサハラ砂漠に日の出を見に行くのだ。

砂まみれになっていい服装、ビーチサンダル、ipadを防水用袋に入れる、飲み水を用意、ターバンを巻く。
そして、食堂で冷やしていたビールを2本取り出す。

用意ができた私は5分前にロビーで待つ。
誰も来ないし、来る様子もない・・・face04
5:30少し前にお客様も現れ、ラクダ使いを待つ。




5:30になってもラクダ使いは来ないので、
玄関を出て、満天の星空を見たりして待つ。
モロッコ時間だ(笑)
この時点でもう4泊している我々はそこらへんは諦めている。

日本があり、モロッコがあり、間に世界があるとガイドがよく言っていた。
それだけ時間の観念は違う。

しばらくたって真っ暗の中にジグザグに動く光を発見。
「こっちに来てるみたいなのであれじゃない?」
光が見えて待つこと20分。
ようやくラクダ使いのアソウが3頭のラクダとともに到着!!

「なんで遅れたの?」
「寝てたの。」


偉大過ぎる・・・face08

そして、宿の前でアソウの指導のもと、ラクダに乗る。
私はタクラマカン砂漠で3日間ラクダに乗って旅をしたのでラクダ乗りなんて余裕だ(笑)
違うのはフタコブかヒトコブか。今回はヒトコブラクダ。

3人ともラクダに乗ったらサハラの砂丘へ出発。
私が先頭ラクダに乗り、一番前にはやる気がなさそうにアソウが紐を引っ張る。
真っ暗な砂の世界を歩くので日が出るまでは写真も撮れない。







30分後、サハラの砂丘に到着。
砂丘に登り、夜のうちに冷たくなった砂の上に座り、太陽が出てくるのを待つ。




ラクダは3頭とも座り込んで休んでいる。
その横にはアソウもまた寝ているのだった。





(続)  

2017年05月09日

ライオンと散歩

アフリカの森の中でライオンと一緒に散歩をしてきた。

大きな雌ライオンが二頭現れる。一頭はアルビノであろうホワイトタイガーだ。




恐れを知らない人(笑)から順番にライオンの横を歩いてみる。







どれくらいの大きさかって?これぐらいでかいface08




私もipadで写真を撮りながらライオンの横を歩いてみた。




ライオン・ウォーキングはマダカスカル島のさらに東、インド洋に浮かぶ島・モーリシャスでできる。

ご興味のある方はぜひ、お問い合わせください。  

2016年06月01日

ウガンダでゴリラに会おう!その⑦

夜中に降った土砂降りの雨も上がったようだ。
それぞれのテントから出てきて、朝食場所のレストランに集まる我々。
メインにエッグ・ベネディクトを頼み、マンゴージュースを飲みゴリラ・トラッキングに備える。

ホテルのフロントではミネラル・ウォーター4本と弁当が用意され、それぞれのリュックに入れる。

ゴリラ・トラッキングは2時間から10時間歩く。
2時間にあたればラッキー(前回はこれ)face02
10時間にあたればたくさん歩けてラッキーicon194

はたして今回はゴリラに出会うまで何時間かかるのか!?

前回の2時間は歩き始めて30分で見つかり、観察が1時間そして帰ってくる、これで2時間だったため、山歩きも楽しみにしていた私にはちょっと物足りなかった。ただ70歳のお客様がいたため、ラッキーではあったが。




ウガンダの国立公園の映像を見せられ、
ゴリラ・トラッキングの注意事項を聞かされ、
追いかけるゴリラのグループ別に参加者が振り分けられ、
そして、ゴリラトラッキング開始。

70歳近い、ジーパンを履いたドイツ人夫婦は2人だけ、別のグループだった。
たぶん、あの2人はあまり歩かないグループだね、、なんてささやきながら羨む。

我々は国立公園のゲートを車で出て近くの村までいく。
その裏手から山にあがる道があり、そこをあがっていく。
最初はレインコートを着ていた我々も蒸してくる熱帯の暑さに耐え切れなくなり、Tシャツになる。

少し登っては止まり、息を整え、上がって行くと、
登ってきた村はかなり下に見え、
だいぶん上まで上がってきたことが分かる。







赤道直下の熱帯雨林の気候での登山は日本で登るよりしんどい。

ゴリラトラッキングは我々をリードするレンジャーのほかに、先にゴリラがどの辺に今、いるのか確認にいく先発隊のレンジャーもいる。
先発隊と我々のリーダーとが無線でやりとりをして、見つけたら場所を連絡することになっている。

しばらく歩くと、ゴリラの形跡は見つけたという連絡が入る。
我々はそのまま道なりにすすむ。

そして、先発隊がゴリラに遭遇。
先発隊の現在位置を伝える。

リーダーが言うには、このまま登ってハイキングをしながら尾根を伝っていく方法といったん戻ってショートコースでいく方法があるという。
ここまでにかなり疲れのきていたHさんは、ショートコースに決まってるじゃんと意見をいう。
ハイキングコースはかなり時間がかかるということで、今まで登ってきたのにもったいない気もしたが、かなり降りる。
そして、ゴリラっぽい奇声?を発し、どこら辺にいるのか合図をとりながら、先発隊との距離を縮めていく。

野生のゴリラなので我々が見やすいところで観察できるようになどという配慮はない。
登山道から外れ、先頭のレンジャーが鎌で植物をなぎ倒しながらすすむ。
UPもあり、ダウンもある。

あまりに登山が過酷になっていき、今まで頑なにポーターを断っていたHさんもニコラスというイケメン・ポーターをつけることにした。
ポーターは荷物だけでなく、手をとってくれて登山のサポートもしてくれるので頼もしい。

そしてようやく崖の上のほうに第一ゴリラを発見!!face08

えー、あんなところに??と思ったが、
レンジャーのリーダーはココから先は杖、リュックなどはすべておいて、カメラだけ持って上がろうという。
上がろうというのはガケの上であり、もちろん登山道はない。

両手両足を使いながら登っていかないと、登れない壁のようなガケ(笑)
私のカメラはipad。
ipadを片手に持ち、片手と両足で上がっていく。
レンジャーが持ってやるというが、万が一、壊れたらイヤなので自分で持つと断る。
自分で壊したら諦めが付く。

そして、ゴリラに近づく。
手を伸ばしたら届く距離だ。

我々のトラッキングしたゴリラのグループはムラベグループ。
一番近づいても大丈夫なグループということはあとで話できいた。
※通常は7m離れないといけない。












ゴリラ・トラッキングはゴリラに出会ってから通常1時間の観察が許される。
ただ、今回はガケでの観察。
1歩片足を動かすのにも神経を使わなくてはいけない場所。
足を踏ん張っていないとがけ下に落ちていくことは間違えない。
しかも私は片手にipadを持っているし、肉離れ中の足をかかえてる。

あまりにも観察しづらい場所だったので、私はある程度の観察をして、
他の方たちよりも先にリュックや杖のある平地まで1人でおりる。
登るよりも降りるほうがはるかに怖い・・・・icon196

・・・・・

・・・・・

そうして、ゴリラとのふれあいは終了。

icon20icon20icon20

帰国した夜、友人から「今、ウガンダのゴリラをTVでやっているぞ!!」と連絡が入る。




TV画面の中では我々のゴリラチームのリーダーが日本の芸人を案内していた。
なんとなく誇らしい気持ちになった(笑)


秋にも大人気のウガンダツアーをやります!!
今回は長い旅は時間がとれないという方のために、ゴリラトラッキングと首都カンパラのみに絞ったウガンダショートコースです。
山歩きが出来る方でないと参加はできません。ご興味のある方はぜひ!








  

2016年05月31日

ウガンダでゴリラに会おう!その⑥

ゴリラの森、ゴリラフォレストキャンプに着いた。
ここではゴリラトラッキングの時間がよめないので、2泊する。
中日はゴリラ・トラッキングで丸1日予定をとっている。

ゴリラ・フォレスト・キャンプは国立公園の中に位置し、いつでもゴリラが敷地内を歩いていてもなんら不思議ではないそんな場所。
秋にいったときはこのキャンプのすぐ下の森の中でゴリラ観察をした。


※写真はゴリラフォレストキャンプのサイトより

キャンプといわれるだけあって、宿舎はテント。
壁はテント使用の布なので、充電をする場所はない。
携帯やカメラの充電はフロント兼売店の建物でおこなう。
テントといっても普通のホテルの部屋となんら遜色はない。
あえていえば熱帯雨林のジャングルの中なので少し湿気が多いかな。
夜は寒くなるので、湯たんぽも用意される。
アフリカでも寒いところはあるのだ。







この施設ではビール飲んでも、ウガンダウォッカ飲んでも、つまみにパスタを作ってくれてと言っても、部屋にビールを頼んでも、焚き火みながらドリンクを注文しても、すべて宿泊代に含まれているので嬉しい。





いよいよ次回はゴリラ・トラッキング!
トラッキング=追いかけること


続く


秋にも大人気のウガンダツアーをやります!!
今回は長い旅は時間がとれないという方のために、ゴリラトラッキングと首都カンパラのみに絞ったウガンダショートコースです。
山歩きが出来る方でないと参加はできません。ご興味のある方はぜひ!









  

2016年05月31日

ウガンダでゴリラに会おう!その⑤

ガタガタ道、ベチャベチャ道の悪路を10時間近く走り、やっと到着したフォートポータル。
翌日も雨季で道が悪いので10時間走行を覚悟しておいてくれとポールに言われる。
ウガンダの夜の道は電灯もなく、暗い。闇だ。
その中を人が歩いており、黒い服を着た人などは私にはまったく見えない。
ドライバーのポールはよく分かるなと感心。

翌日は日が昇る前にキバレに向かう。
キバレでチンパンジートラッキングをしてから、
エリザベス国立公園を横切り、ゴリラの待つブウンディに入るという予定。

途中、山をぬって車で走るとまぶしい朝日が昇ってきて、アフリカの大地を照らしつける。
道路を走る沿道では子供たちが必ず手を振る。
ほほえましいが、おりて話をすると「マニー、マニー」という子もいるので
車の中で手をふるぐらいにしておいたほうが、ウガンダの印象のためにはいいだろう。




キバレに到着。
ウガンダでも有名なチンパンジートラッキングの名所。
2グループに分かれ、私たちは女性のレンジャーのあとに付いて歩くことになる。





それほど急な坂はないのできつくはないが、
前回に比べたらなかなかチンパンジーが見つからない。



キーキーという声は聞こえたりするのだが、あれはヒヒだとかいう。
1時間、2時間たち、今日はダメなのか・・・と諦めかける。

女性レンジャーは無線で連絡をとり、もう1つのグループに見つかったかどうか確認をとる。
どうやら見つけて、観察中らしい。
場所をきき、我々を誘導し、もう1つのグループと合流する。

チンパンジーの雄たけびが聞こえ、樹上を見るとたくさんのチンパンジーの群れがいる。
木の実を食べているようで、ときどき実が落ちてくる。
ケンカなのか、じゃれあってるのか、追いかけっこを木の上でしたりしている。





首が疲れたな~と思っていたときに・・・
1匹の雄チンパンジーが食事を終えて、ブリブリ、糞を出し、木の下まで降りてきた。




※なぜか股間しか写っていない・・・

チンパンジーが間近で観察できるなんて、本当にラッキーだ。

その後、キバレをあとにし、赤道を通過し、南半球へ。






いくつもの巨大なトラックが立ち往生する横をすり抜けすすむ、アドベンチャー・ドライブをしながら

一番の目的地、ブウンディの森に到着したときはもう真っ暗だった。

続く


秋にも大人気のウガンダツアーをやります!!
今回は長い旅は時間がとれないという方のために、ゴリラトラッキングと首都カンパラのみに絞ったウガンダショートコースです。
山歩きが出来る方でないと参加はできません。ご興味のある方はぜひ!





  

2016年05月28日

ウガンダでゴリラに会おう!その④

サバンナも面白いが、
ナイル川の川岸・川の中の生態系も面白い。

やたらと多いのがカバであり、水面から頭だけを出し、こっちを見ている。
ボートで近づくと水面下にもぐってしまうが、カバも凶暴ということでなめていたら危ない。

カバのほかには水を飲みに来たゾウやヒヒやブルーモンキーなどが見られる。

この川の食物連鎖の頂点にたつのはワニだろう。
巨大なワニも見ることができたし、このワニも例外ではなくベビーラッシュで無数のワニの赤ちゃんがいるところもあった。

鳥も多種多様いる。
ここでも珍しい鳥が「動かない鳥」として有名なハシビロコウ。
今回はラッキーなことに動かない鳥の動くところも見ることができた。
動かない鳥は魚を狙っているときに水面をじっと見てる姿が実にユーモラス。










ナイル川を堪能した我々の次に向かった先は、

ゴリラの森・ブウンディまでの中継点であるフォート・ポータル。

雨季の悪路でぐちゃぐちゃのため、実に10時間近くの悪路を走ることになったface07
ただ、これもアフリカ旅行の醍醐味。

アフリカはとにかく広い!!





続く


秋にも大人気のウガンダツアーをやります!!
今回は長い旅は時間がとれないという方のために、ゴリラトラッキングと首都カンパラのみに絞ったウガンダショートコースです。
山歩きが出来る方でないと参加はできません。ご興味のある方はぜひ!





  

2016年05月26日

ウガンダでゴリラに会おう!その③

マーチソン国立公園の飛行場にセスナ機で着いた我々を出迎えるのはガイド兼ドライバーのポール。
11月も彼にお世話になった、安心のドライバーだ。

飛行場といってもただ滑走路があり、トイレがポツンとあるだけの空港。
ポール以外は誰も待ってはいない。

セスナの中でトイレに行きたくなり、もう我慢も限界まで達していた。
セスナから降りるやいなや、ポールの後ろ側にあるトイレのほうに駆け寄っていく。
ポールは私が駆け寄るので、11月以来の再会で嬉しくてポールに駆け寄ってきてると勘違いしたらしく、私のほうへ駆けてくる。

仕方なく(笑)抱きつき、再会を一瞬喜び、トイレに駆け込む。

空港を出ると、すぐに野生の王国がはじまる。
マーチソン国立公園の広さは5072平方km、福岡県の広さが4971平方kmなのでほぼ同じ。

その中にサバンナがあり、ナイル川があり、森林があり、マーチソン・フォールの滝がある。
人よりも圧倒的に野生動物が多い。
空港の敷地を出たとたんから、ゾウやらイボイノシシやら鹿類などに出会う。








そして、この国立公園の目玉はなんと言ってもマーチソン・フォール。
荒々しい滝は圧巻face08
この中に落ちたらと考えるとゾッとする・・・・icon196





マーチソン・フォールもゾッとするが、ここに行く途中に大量発生するツェツェバエがまたゾッとする。
腫れたりしないのだが、刺された一瞬がイラっとする。



マーチソンでの宿泊はナイル川沿いの宿、パラア・ロッジ。
敷地内にも野生動物に注意という看板がある。
川に降りると、カバはいるし、ワニはいるので本当に気をつけないと危ない。
敷地外に出ると危ないのはやはりバッファローであろう。
国立公園の中での宿泊はそのあたりに注意しないといけないが非日常的で楽しい。



満天の星空のもと、カバのブヒブヒいう鳴き声を聞きながら夜は更けていった。


続く


秋にも大人気のウガンダツアーをやります!!
今回は長い旅は時間がとれないという方のために、ゴリラトラッキングと首都カンパラのみに絞ったウガンダショートコースです。
山歩きが出来る方でないと参加はできません。ご興味のある方はぜひ!





  

2016年05月23日

ウガンダでゴリラに会おう!その②

イエローカードも無事、入手し入国を果たす。
今回の旅は、エンテベ⇒マーチソン国立公園⇒フォート・ポータル⇒キバレ国立公園⇒ブウィンディ国立公園⇒カンパラという時計と逆回りにウガンダを一周するルート。

初日は空港からすぐのビクトリア湖のほとりに位置するプロテアホテルに泊まる。
部屋の窓からは海のようなビクトリア湖が見える。




ビクトリア湖ってでかいね~
どれくらいの大きさやろ?
琵琶湖の何倍かね~?

などと会話が弾んでいたので、ヤフーで検索してみる。

琵琶湖      670.4平方キロメートル
ビクトリア湖   68000平方キロメートル


なんじゃあicon196icon196icon196

10倍か!

もしかして、九州と同じくらいじゃないの?

九州も調べてみて~

九州        35640平方キロメートル
ビクトリア湖    68000平方キロメートル


なななななicon196icon196icon196


九州が2つ入るやんか!!!!


そんなとてつもなく巨大な湖の横で我々は長い飛行機の旅の疲れを癒す。











翌朝はゆっくりと出発する。

エンテベ空港にまた戻り、

荷物が重いなどウダウダ言われながらも、
我々3名でチャーターした飛行機に乗り込む。








エンテベから陸路で行くと7-8時間かかるところを、
贅沢な3名チャーター飛行機では1時間30分程度。

眼下には緑の青々としたアフリカの大地が広がる。雨季って本当に綺麗だ。
雨季のシーズンは嫌がる人もいるが、アフリカの雨季は生命の雨季、恵の雨であり、動物たちにとっては待ちに待った季節だ。

動物たちの楽園・マーチソン国立公園に飛行機は到着。
いよいよ野生動物たちとの対面が始まる。

続く・・・・

秋にも大人気のウガンダツアーをやります!!
今回は長い旅は時間がとれないという方のために、ゴリラトラッキングと首都カンパラのみに絞ったウガンダショートコースです。
山歩きが出来る方でないと参加はできません。ご興味のある方はぜひ!




  

2016年05月23日

ウガンダでゴリラに会おう!その①

秋に引き続き、アフリカのウガンダに行ってきた。

一番の目的はゴリラトラッキング。
森の中を歩き回り、ゴリラに出会うこと。

4月29日~5月8日の10日間、ゴールデンウィークをフル活用し計画。
今回のゴリラ探検隊icon130はH氏とY氏と私の3名。

4月に入り、いよいよ旅行出発というところで、
どういう持ち物を持っていこう、気温はどんな感じなど
とやっているところに突然、ウガンダより連絡が入る。

4月25日(出発4日前)
「ウガンダに入る場合は必ずイエローカードを所持してください」


は??

※イエローカードを知らない方のために解説しておきますと・・・
黄熱病の予防注射を受けたという証明書であり、普通の病院ではこれは発行できない、検疫所か検疫所が指定した病院でないと予防注射ができず、発行もできない。1回の接種で、接種後10日目から10年間有効です。

出発4日前に言ってきて、予防注射を打ってから10日後に効き目が出る黄熱病の予防注射を打って来いなどと物理的に無理なことをウガンダ政府からのお達しできた。

まずは直接、ウガンダの現地旅行社に確認をすると・・・
すみません、政府が決めたことなので従うしかないという現地スタッフの回答。

「じゃあ、日本人の責任者より連絡をもらうように頼む。」と現地旅行社の現地スタッフに伝え、
こっちはこっちで出来ることを探す。

お医者さんに電話をして、どうにかイエローカードを発行できないかきくが、ムリとの返事。face07
検疫官に電話をしてどうにかならないかきくが、日数がムリとの返事。face07
政治家の方に電話をしてウガンダ政府に知り合いがいないですか?ときくがウガンダはおらんね~との返事。face07
航空会社にいたってはそこまで知らないとの返事。icon196
印刷会社に電話して、イエローカード偽造できないかね~と相談、当然、ムリ。icon41
・・・・
現地の日本人の責任者には100%入国できる方法を模索するように頼む。
最初はイエローカードが絶対にいるといっていた空港の検疫所だが・・
現地の旅行社のKさん(日本人)が空港のエアポート・メディカルセンターと2日かけて話をしてくれて、
我々、三名の名前は100%入国できるという結論にいたった。
当日、空港にはこういう医師とこういう看護婦がいるといい、その携帯電話番号まで入手済み。

そして、当日、24時間かけてドバイ経由でウガンダについた我々。

メディカルセンターの看護婦が空港に着いた時点で殴り書きをしたような看板を掲げて待っていてくれ、
「ウエルカム!!ウガンダ」ということで、小屋のような検疫所につれていかれる。



そして、黄熱病の予防注射をそこで打つ。
注射器が使いまわしじゃないか、きちんと1つ1つビニールに入ってるねと確認をする。
はい1人40ドルね~と言われ、私がまとめて120ドル支払い
ブッチュと1人ずつ打っていく。





打ったあとにドクター?がチップとすごい小さな声でささやいたが、もうイエローカードは目前だということで、まったく聞こえなかったフリをする。

そして、

さらさらさらと我々の名前を黄色い紙に書き、
ハイ、ここにサインをして~と念願のイエローカードが出来上がる。
我々はこれでここから10年間、黄熱病の予防接種は打たなくていい!




まだウガンダに入国もしてもないのにエキサイティング・ウガンダの旅ははじまっていた。

続く・・・・

秋にも大人気のウガンダツアーをやります!!
今回は長い旅は時間がとれないという方のために、ゴリラトラッキングと首都カンパラのみに絞ったウガンダショートコースです。
山歩きが出来る方でないと参加はできません。ご興味のある方はぜひ!