› どこでも漫遊記 › 日本での日々

動画作成:向田 隆

  

Posted by at

2018年03月07日

旅の漫遊16周年

3月7日。
今日は「旅の漫遊」の16回目の誕生日icon142
私が30歳のときに設立したので私も46歳になった。

最初は香椎のビルの5Fでやりはじめた。
5Fなのに階段しかないビルで通勤も鍛えられた。
宅配の方もふーふーicon10いって配達してくれた。
そんな事務所で嫁とスタッフと3名でやりはじめた。
香椎の再開発で次々と昔の建物が消えていく中、今でもそのビルはあり、当時を懐かしく思う。

4年目に今の店舗に移った。
千早駅も徒歩2分程度ですごく便利がいい。
応接室も会議室もあり、ゆったりと使えるオフィス。
今までの苦労があるのでめちゃくちゃ快適に感じた。

最初は3人でやっていた漫遊も本社で10名、熊本で2名、ダーウィン漫遊で2名と仲間も増えていった。
個性的で頼もしい仲間たち。
今、この仲間たちと旅行を通じてお客様に喜んでもらうことを仕事とできてることが嬉しい。








世界は広い!!
もっともっとお客様とともに世界を見に行きたい。非日常を味わいたい。
そんな思いで16周年1日目の朝を迎えた。

ここまで支えてくれたお客様に、スタッフに、取引会社の仲間に、家族に感謝いたします。
旅の漫遊16年目もどうぞ皆さまよろしくお願いします。





  

Posted by タカ at 08:37Comments(0)日本での日々

2018年02月09日

安心してください!履いてますよ!

正月ボケもそろそろ終わったという1月の中旬ごろ、
1月より主任に昇格したスタッフの笠(りゅう)が土曜日に突然言い出した。

りゅう 「私、今年1年頑張る!っていうことで滝行をしたいんですよね~」

わたし 「滝行って、滝の中に入る、あれか?いつよ。」

りゅう 「滝の中に入って頑張るやつです。1年の頑張りを誓いたいんで、今やりたいんです。一緒にやらないですか?」

わたし 「いいね、気合はいってるな!一緒にやろう!」




ということで、りゅうが滝行の予約の電話icon83をする。

りゅう 「滝行したいんっすけど?」

住職 「1月いっぱいは正月行事で忙しいので早くて2月3日でお願いします」

りゅう 「分かりました、では3名お願いします」

住職 「では9:30に来てください。山の中なので今こちらは雪が残っています。この時期は本当に冷たいですよ。」

りゅう 「はい、大丈夫です、頑張ります。ところで何分ぐらい滝に入るんですか?」

住職 「お経が読み終わるまでなので、1分半ぐらいです」

りゅう 「10分半ですね?分かりました」
※りゅうは数字に弱くよく聞き間違える

住職 「はい、ではお待ちしています」


予約完了!



わたし 「3人って、あと1人誰なのよ?」

りゅう 「せっかくなので、だらしない熊本の小田原さんがしないかなって思って」


熊本支店 小田原氏 イメージ


わたし 「10分やろ?体やばいぞ、マジで。行きたいと思う人しかダメやん。無理やり誘ったらいかん。社内メールであと1枠ありますけど、いく人います?という誘い方にしようや」

りゅう 「社長がそういわれるんだったらいいです。ただ、小田原さんが今年こそちゃんと人間的に立ち直ってくれればと思ったので・・・」


わたし 「それにしても10分って、10分半ってどういうことよ?普通10分に半はつけんやろ10分の半分は5分で15分ってことか?(笑)」

りゅう 「いや、出た人がそう言ってました、10分半って・・・10分30秒ってことじゃないですか?」

そして、1人仲間を募るが、案の定、小田原は完璧無視で出て来ず、鎌田係長が参戦決定。




2月3日までに私は風呂場を寒い状態にし、冷たい水を頭からかけ練習をする。

次女がストップウォッチ係。





どう考えても1分で相当つらい、頭の上に直撃させると脳天がクラクラしまずい。icon196
首に集中して充てると神経がおかしくなりまずい。icon196
少し体をゆらゆらさせて、水があたることろを分散させるとまだ長持ちする。

それでも10分はいけない。頑張って2分、もっと頑張って3分。
風呂でこんな感じなのだから、10分なんてできるのか?

日が近づくに連れ、練習を重ねるにつれ、10分という壁が大きく前に立ちふさがり、
結婚前のマリエッジブルーのように、滝行ブルーになってくる。icon196

そして当日。

10分やるということ・・・これはもう後のことを考えたらダメなんだ。
「できる」と思ってやる、「無事終わるかな」など考えない、生きていればいい・・・と割り切った。





りゅう、鎌田、わたし、そして記録係のちょうと4名で山道をクネクネあがっていき、山門に到着。
そこからは階段を歩いてお寺へ。
緊張感が増してくる。

本殿の横に立派な滝があり、ここで打たれるんだと確認。
気温は1℃
山の上の空気はめちゃくちゃ冷たい。

そして、住職登場。
厳しい滝行とは裏腹のにこやかな住職だ。

住職 「滝は何回目?」

わたし 「はじめてです・・・・10分あたるんですよね?」

住職 「10分やれるもんならやってみてごらんなさい(大笑)、1分半です・・・」

住職 「10分・・・それでは1人ずつ1分半、最後に3人一緒で1分半。これにしましょう。10分・・・わっははは

わたし 「・・・・・・・・・・・・・face07

りゅう 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・face07face07face07

りゅう 「すみません、1分半ってです」face07

わたし 「・・・・・うん、今聞いた」


私たちの滝行がはじまった。







  

Posted by タカ at 08:09Comments(1)日本での日々

2018年01月13日

サイレント生活

サイレント生活3日目。

1月18日の夕方、声が急にでなくなり、
近くの耳鼻咽喉科へ。

「相当悪いですよ、5日間、「あ」も「う」も言わないでください」
と脅される。

それから声を出していない・・・

5日間もする気はさらさらないけど、週末は静かに暮らそうと。

1月18日は新年会で病院の先生に相当悪い!の判断をくだされたのが、
新年会のはじまる2時間前。

急いで会社に戻り、使いそうな言葉を用紙にプリントアウトし新年会へ。





座席は元副総裁の先生の真ん前だった。
「声帯が異常に腫れて声が出せません」というカードを出す。
先生「うむ」とうなづいてくれる。
続いて
「明けましておめでとうございます」というカードを出す。
先生「うむ」とうなづいてくれる。

そんな自分だけサイレントな新年会を過ごし、

翌日は普通に出社し、声を使わずに仕事をする。
不便なもんだ。
電話が使えないのがこれほど不便なものかと。




最初は唾をのみ込むのも痛く、なんと一晩で2kgやせたが
ようやく痛みは治まり、食事もできるようになった。

昨晩の夕食がいつもは出ないのに「激辛のじゃがいも」
鬼嫁よ!のどによさそうなメニューをありがとうicon196

そして、本日1月13日。
なんとかのどは回復してきてる・・・・と思う。

明日までは静かに暮らそうっと。



  

Posted by タカ at 10:49Comments(0)日本での日々

2017年12月25日

ルナのクリスマスプレゼント

2016年クリスマスプレゼント





2017年クリスマスプレゼント






お前の好みはよく分からん・・・face04


  

Posted by タカ at 14:14Comments(0)日本での日々

2017年10月23日

ライバル出現

昨夜、突然ライバルが現れたface08

この「どこでも漫遊記」のライバルである。

次女ルナ7歳が先日からブログをやると言っていた。

そして、ついに昨夜、第一回目のブログを掲載した。

ブログのタイトルは何にするの?

「・・・・・・・ん????るなのへんがお おもしろいでいい?」

「何、それ?それでいいならいいけど・・・何とか日記とかせんでいいと?」

るなのへんがお おもしろいでいい」

たぶん、彼女は自分のブログでへんがおを披露していくのだろう・・・face07

そして、キーボードで入力するのは初めてなルナはローマ字表を見ながら、考えながら打ち込む。

10分、20分・・・30分・・・1時間 めちゃめちゃ時間かかるっ・・







エプロンをしたまま料理のあいまにやっていく。

おまえは器用かっ!





そして記念する第一回目のブログが完成!!




「るなのへんがお、おもしろい」

http://runachan.yoka-yoka.jp/e2011841.html

短っ!!

UPしたとたんに、

「ねえねえ、みんな見てる?」と聞いてくるルナ。

「あげたばかりで誰もみとらん」

ションボリicon11


しばらくたつと、アクセスが上がってきだす。

「10人見たよ!」

face02

「100人超えたよ!!!」

「うそ、やった~、じゃあ、リュウ抜いた??」

リュウは笠で漫遊のスタッフ。
ガリバー漫遊記
を書いている。
http://ryumanyou.yoka-yoka.jp/



そして、気になったので朝起きて確認をした。





なんとアクセスが325までいってるface08





そして、第1回目の投稿にして・・・

ブログふくおかよかよかの32063中の順位がなんと・・・・・!!












13位!!



負けた・・・icon196

私の「どこでも漫遊記」が126位。






読者登録:

ブログ歴1日  るなのへんがお おもしろい 6人

ブログ歴10年 どこでも漫遊記       6人


負けた・・・icon41




ルナにリンクしてもらおうっかな。。


  

Posted by タカ at 05:14Comments(0)日本での日々

2017年10月16日

九州北部水害復興ボランティア3か月目

泥出しボランティアから帰ってくると

次女ルナ7歳が風呂をいれてくれたり、

背中を踏んでくれたり、

たまには大好物のハンバーグを作ってくれたりと、すごく優しいface02





昨晩も私の部屋に来て背中を踏んでくれながら、
「次の日曜日もまだ行くと?」と尋ねるルナ。

「11月まではずっとバスを出すけん、日曜日は毎週行くよ。そのあとはまだわからん・・・」と答えると。
「パパ、頑張ってicon09」と言ってくれた。face02


あとでこっそり嫁が教えてくれた。
お姉ちゃんも塾で、
遊び相手のパパがいなくて寂しいみたいよ・・・・それが本音らしい

でも、ルナは応援してくれてる。
飲み物配りとか飴配りとかでいけるなら、自分も行きたい、連れて行って~と言ってた。
参加資格は中学生以上なので気持ちだけもらっておいたが(笑)

あと少しかな。
ボランティアセンターが閉まるまで続けるのが、私の目標face02
終わったら、いっぱい遊ぼう、ルナ。




  

Posted by タカ at 07:01Comments(0)日本での日々

2017年09月19日

竹中大工道具館

久々の国内添乗に行ってきた。

神戸で急遽、変更して観光地にいれた竹中大工道具館

なかなか面白い。
















興味があればぜひ!

竹中大工道具館 ↓

http://www.dougukan.jp/  

Posted by タカ at 09:33Comments(0)日本での日々

2017年09月15日

ルナのサプライズ

朝倉の水害復旧ボランティアでもらった帽子がなくなった。

軍手などのほかのグッズはある。

おかしいな~と思いつつ、ここ何回かは壊れかけのヘルメットをかぶったり、帽子をかぶらず作業をしている。

南国にいることが多い私は太陽には強いと自負している。

肌は結構、黒い。先日、床屋ではしみじみと「ちょっとした黒人ですね」と言われた。

旅する備長炭を目指しているface01

だから、帽子がなくとも別に不自由はしない。

それに帽子は頭がでかいので似合わない。

でも、どこに行ったんだろうicon66icon79・・・・と思っていた。

・・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・

今朝、次女るな(7歳)が「パパ、散歩に行こう!」と久しぶりに誘ってきた。




「お、行こう!」と私。

「パパ、こっちに行こう」と・・・

散歩の順路は自分で決めてるようだ。

どんどん前にたって歩く。

「どこに行くとや?」

「いいけん、ついてきて」

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・



「はい、これ!」





「ん??」



















以前、私のTシャツを持って行って、同級生に却下された次女るな。
せめて私の帽子だけでもとかかしにしてくれたらしい。
↓  ↓ (前の記事はこちら)
http://nishimanyou.yoka-yoka.jp/e2005778.html



ありがとう、るなicon06face07



私の帽子の下には雨に濡れた妻のセーターをかかしが着ていたface04  

Posted by タカ at 07:38Comments(0)日本での日々

2017年09月10日

娘の書いた日記

次女るな(小2)の宿題の日記・・・

週末、これしか書くことないのか?・・・face04












※実際のおじさんは髪は耳のところしかありませんでした。


  

Posted by タカ at 20:25Comments(0)日本での日々

2017年09月08日

帰ってきたTシャツ

モロッコから帰国した日の出来事。
夕食のときに次女ルナ(小二)が学校でかかし係になったと相談があった。




私「なんや、かかし係って??」

ルナ「学校でお米を作っとうたい、その田んぼにたてるかかしよ」

私「で、かかし係は何をするの?」

ルナ「かかしを作るったいね、それでパパの要らないTシャツがほしいとよ」
お願いと拝むようにして頼むicon06

私「分かった、探して渡す」

そして、月曜日に張り切って私のTシャツを持って学校へ向かう。

私「頑張って、凄いかかしを作って来いよ」

ルナ「分かった!かかしを田んぼに立てたら写真撮ってくるね!ありがとう!パパicon06icon06icon06



その夜のこと・・・・

ルナ「パパ、ごめん・・・」 半泣き

私「どうした?」

ルナ「かかし係のことやけど・・・」泣き

私「どうした?かかし、できた?」

ルナ「みんなが、パパのTシャツきもいって言うとよ」大泣き

ルナ「だけん、ママのTシャツをもらうことにした、パパ、ごめん」大泣き









返すね・・・・icon41icon11icon11












・・・・・・・・・・・
















  

Posted by タカ at 18:38Comments(0)日本での日々