› どこでも漫遊記 › アイディア

動画作成:向田 隆

  

Posted by at

2016年12月08日

中国4000年の知恵

漫遊で中国人や台湾人インバウンド旅行を担当しているゴウ氏




彼は中国の河南省にある古都・開封の出身。

毎日、精力的に営業活動をし、

中国・台湾各地から日本旅行の仕事をもらってきているface02

そして、

自分自身で添乗をして最後までお世話をし、

かなりリピーターを増やしている。

中国・台湾の方の旅行日数は長い。

10日とか13日とか半月とか・・・

彼は一度、添乗業務に出ると、なかなか会社に帰ってこない。

遠洋漁業みたいだicon127

秋はとくに忙しく、

この添乗業務が何連続と続く・・・

そして、喉を痛めたゴウ氏。

マスク姿でやってくる。





ん?


ん??












彼の発想力はすごい・・・face07


中国4000年の知恵だと彼はいう・・face07  

Posted by タカ at 16:03Comments(1)アイディア

2016年11月14日

あきらめない不屈の男

弊社のスタッフの笠がいやがらせでオーストラリアのベジマイトを買ってきた。

笠いわく、「パンにつけて食べるのがオージー流らしいですよ」と

そこで昼休みに食パンを買ってきて、

みんなでベジマイトを塗って食べた。




チョコレートっぽく美味しそうだが、鼻を近づけるとなんとも言えない香りface07

ゴウ



ミゾグチ



カメ








誰も美味しいうものはいなく・・・


買ってきた本人も悪者になり、しょげかえり・・・


ベジマイトも、無駄になると誰もが思っていた!


ところが、ここで諦めていなかったヤツが1人いた!


1つの方法がダメなら、違う道を探す、自称・諦めないという男


そんな頼もしい男がうちにはいた



それがこの男



男・亀澤だ!



face08face08face08










週末、家でベジマイトが何かに使えないかと工夫をする。



エビチリに入れたり、
みそに見立てて味噌汁にしたり、










そして、ベジマイトの夕食の完成!






これはスゴクいけたらしい!!face02





仕事でも同じ、1つの方法で壁にぶつかったら、違う道で目標にすすめ。

亀澤がベジマイトでそう教えてくれた。






これは○








これは×



























  

Posted by タカ at 10:10Comments(0)アイディア

2015年10月26日

国別サービスマニュアル

昨日、イギリス人のデービッド・アトキンソン氏新・観光立国論を読んだ。

興味深いことがたくさん書いてあったのでのめりこんで半日で読んでしまったface02

その中にイギリスで配れている国別接客マニュアルが面白かったので抜粋する。

新観光立国論より抜粋

「カナダからの訪問客をアメリカ人と呼んではいけない」

「インド人は愛想がいいが、気が変わりやすい」

「ロシア人は長身なので、天井の高い部屋を用意するべき」

「日本人の要望には、たとえ具体的に言われなくても、すべて先回りして対応すること」

「ドイツ人とオーストリア人は総じて遠慮がなく要求が厳しいため、無礼で攻撃的に見えることもある。苦情は迅速に対応すること」

「オーストラリア人が冗談でイギリス人をPomsという俗称で呼ぶのは、親しみを込めた表現だと心得ておくこと。」

「香港の迷信深い人には、歴史ある建物や四柱式のベットで眠るのは幽霊が出そうだと嫌うのですすめてはいけない」

「面識のないフランス人にはほほ笑みかけたり、目をあわせたりしてはいけない」

「ベルギー人には、同国の複雑な政治や言語圏の話をしようとしてはいけない」

「日本人客にははっきりノーと言わず、もっと感じのいい言い方を考えなければならない」

抜粋おわり


外国人のお客様をインバウンド旅行者とひとくくりにするのではなく、国でも風習が違うし、その国でも地域で好みが違うし、
もちろん個人でも違うので一概には言えないが、国の特徴をとらえていて面白いface02

インバウンドを取り扱うとき、日本の文化だけを知っていてもダメだとつくづく感じる、
相手先の文化をよく知ることがインバウンド旅行の成功の1つの要因かな。



  

Posted by タカ at 10:57Comments(0)アイディア

2015年07月15日

間違え探し

【クイズ】この下の人物ですが、実は1人だけ別人がいます。誰か分かるかな?



















熊本の方、ご旅行の際には旅の漫遊 熊本支店へお問い合わせください!
  

Posted by タカ at 17:28Comments(0)アイディア

2014年01月28日

「晴れ男」育成方法

添乗員になりたいと思っている学生さんへ

添乗員が雨男・雨女と言うのは絶対にタブーである。
お客様に嫌われるだろう。




旅行中は雨よりも晴れた方がいいのは当たり前だ。


それではどうやったら晴れ男・晴れ女になれるかという秘訣を教えよう。



私は晴れ男である(笑)



<晴れ男になるための手順>



①自分は晴れ男だと周りに言いふらす。



②ブログ、fb、ツイッターなどあらゆる手段を使い、晴れ男だと宣言する。



③天候がポイントとなるいろんな重要な行事に参加する。



④晴れだった場合、大いに自分が晴れ男だからとアピールし存在感をしめす。face02



⑤雨だった場合はその話題にはふれず、静かにし、存在感を消す。icon16



⑥ ③、④、⑤を繰り返していく。これを1年ほど心がける。



⑦晴れ男の出来上がり
icon01



<上級者編>



さらにいいのは友人に雨男を作るのがいい・・icon03

「自分は雨男だから。。。」とか「自分が洗車したら雨が降る。。」とか言う人がいたら、大事にしよう。

雨が降ったら、大いにその友人のせいにするのである。

晴れたら自分の手柄に(笑)





物事、気持ちの持ちようである(笑)





  

Posted by タカ at 07:58Comments(0)アイディア

2013年01月11日

事前顔見せサービス~タイ編~

弊社のオリジナルサービスface02事前顔見せサービス

中国、韓国、台湾はすでにスタートをしましたが・・・

今回、シンハービアを飲みながら現地旅行社と交渉をしてOKになった国は・・・・

タイ!!


事前顔見せサービスをすることでお客様も安心感と親近感が出発前から得られるということを
海外のオペレーターもだんだん理解してくれて嬉しいかぎり
face02


もう一度、事前顔見せサービスについて復習しておきますねface01


空港にあなたを迎えにくるガイドさんが

前日にあなたのパソコンへ顔写真が送られて来ます。名前と携帯電話とともに!これで安心親近感


私がお出迎えをいたします<(_ _)>


※写真はイメージ(すみません、マリーンさん勝手に使って(笑))


こんな感じです。空港に着いたら写真のお顔を探してくださいね。

  

Posted by タカ at 14:33Comments(0)アイディア

2013年01月04日

事前顔見せサービス~台湾編~

弊社のオリジナルサービスface02事前顔見せサービス

中国、韓国はすでに昨年末よりスタートをしましたが・・・

今回、新たに加わった国は台湾!


事前顔見せサービスをすることでお客様も安心感と親近感が出発前から得られるということを
海外のオペレーターもだんだん理解してくれて嬉しいかぎり
face02


もう一度、事前顔見せサービスについて復習しておきますねface01


空港にあなたを迎えにくるガイドさんが

前日にあなたのパソコンへ顔写真が送られて来ます。名前と携帯電話とともに!これで安心親近感


私がお出迎えをいたします<(_ _)>


※写真はイメージ(すみません、呉さん勝手に使って(笑))


こんな感じです。空港に着いたら写真のお顔を探してくださいね。

  

Posted by タカ at 16:43Comments(0)アイディア

2012年12月14日

事前顔見せサービス~韓国編~

このブログの2つ前に書いた事前顔見せサービス

中国はめでたく全都市スタートと先日、お話をさせていただきましたが・・・

次は韓国全都市スタートになりました。

釜山に行っても、
ソウルに行っても、
済州島に行っても、

空港や港にあなたを迎えにくるガイドさんが

前日にあなたのパソコンへ顔写真が送られて来ます。名前と携帯電話とともに!これで安心親近感


私がお出迎えをいたします<(_ _)>


※写真はイメージです。。。。。すみません、実際はこんなにふざけていません。face07

※現時点での予約完了の分でまだこのサービス対象外のものも韓国についてはありますのでご了承ください。  

Posted by タカ at 16:37Comments(0)アイディア

2012年12月10日

海外旅行の不安解消サービス

皆さんが、添乗員なしで個人で海外に行くときの不安の1つは、

「空港でちゃんと現地のガイドさんと会えるかな?」

というものがあると思います。


そんな不安を取り除く・・・




旅の漫遊の新サービスがこれだ!!








「事前顔見せサービス」







出発前日指定のPCのアドレス
現地の空港でお出迎えする現地のガイドの顔写真を送るサービス








こんな感じ・・・・













私が出口でお出迎えします


と、とびっきりのベストショットが送られてきますface08


これにより出発前日にはお出迎えするガイド名・携帯電話・顔写真が送られてきます。



これで出発前から親近感!!





まず、このサービスを実施するのはなんと中国です。
中国は全都市、どこに日本から入ってもこのサービスがあります。face02
北京でも、上海でも、青島でも、大連でも、瀋陽でも、西安でも・・・・・
face02face02


中国以外の場所も現在、打ち合わせ・交渉中です。
次は韓国、台湾、香港、タイ、フィリピン・・・と次々、拡大していきますね。

現地でお出迎えがある旅行の安心のおもてなしサービスです。

どうでしょう?
このサービス、いいなと思ったら、いいね!を押してくださいませ。

  

Posted by タカ at 21:17Comments(0)アイディア

2011年06月19日

時間旅行

私たちは地球上、どこでも旅行ができるようになりました。南極だってツアーがありますもんね。
一昔前では考えられなかったことですね。
宇宙旅行だって値段ははるけどもうすぐ出来るようになりますしね。

仁JINというTVドラマが日曜日にあっています。
私も年末に特集を見てすっかりはまってしまい、録画をしては見ております。
これは村上もとか氏が描いた漫画が原作でありますが、この漫画は実に興味深く考えさせられます。

仁JINのオープニングの曲と一緒に出てくる昔の写真と今の写真の比較が大好きであります。
私の住んでいる香椎の町も埋め立てなどで海岸線自体が変わり、駅も変わり、通学路の風景も変わりました。私は自分の住んでいる香椎や福岡の昔の写真を見るのが好きであります。自分の幼いときはこうだったんだ、とかもっと前はこうだったんだとか楽しめますし、変わりすぎて寂しさを感じたりします。

だからよかよかブログで香椎の今昔を紹介しているメドウおじさんの「メドウな毎日」の記事を読むのが好きです。

話は仁JINに戻りますが、旅行会社らしく、このドラマを「時間旅行」という観念で見てしまいます。
行ってみたいです、絶対戻してくれるのであれば、幕末とか。

うちの会社では戦時中に満州に住んでいた方たちの故郷に行く、自分の家のあった場所に行くツアーをやっておりますが、記憶を辿っていく一種の時間旅行もどきです。

世界中を旅できるようになりました。
宇宙まで行ける時代がもう見えています。
時間旅行も未来ではいけるようになるのだろうか?


  

Posted by タカ at 17:48Comments(2)アイディア