› どこでも漫遊記 › イタリアネタ

動画作成:向田 隆

2013年05月25日

親子でピザ作り

4月にフィレンツェのアグリSAN LEOで習ったピザ作り。

今日はパパがピザ作りを教えてやるということで娘と作ることに。

娘はピザが大好き。


ピザ作りセットはこないだイタリアの宿でプレゼントされていたのでまずはそれを出す。


そして、そのセットに入っていたレシピを見る・・・あ~、イタリア語かぁface07

一緒に行った同級生に電話する・・・つながらん。。face07
※だいぶんあとに繋がったが・・・




icon198「出来んと~?」と心配そうな娘。




ということで、記憶を頼りに適当に開始。



まずは小麦粉をテーブルの上に出し、穴をほがし、水を入れる。

そして混ぜる。

いきなり水があふれ出し、床がびしょびしょにicon196


念のために言っておきますが、私は料理はまったくしない。face10
威張ることではないですが(笑)


それでも適当に混ぜろ、混ぜろと2人でやり出し・・・オリーブオイルも適当に入れて混ぜる。
混ぜてる時に入れるんだったかも記憶があいまいface04


あっているかどうかわからないが、こんな感じだったなぁとだいたいで進める。





そして一応、生地づくりは完成。





そして保育園から帰ってきた3歳も加わる





粘土遊びだ・・・face07

自分のピザは自分で作るということでそれぞれ一生懸命に








そして出来上がりface02face02
6歳のピザはこちら



3歳のピザはこちら





楽しく作って食べました・・・・
ずいぶん残したけど・・・


嫁が帰ってきて食べて・・・


「イースト菌入れた?
ねかした?
塩いれた?」






私・・・face07


イースト菌入れてません。
ねかしてません。
塩入れてません。





だからモサモサしてマズイの?



ということで焼き鳥を買いに走りました(笑)
焼き鳥は美味かった。  

Posted by タカ at 18:27Comments(0)イタリアネタ

2013年04月29日

うまいな~このカルボナーラ

前回に引き続き、また来ちゃいましたこのオルビエートのカルボナーラ屋。

ここだけは外せなかった・・・

オルビエートのソウルフードだろ、ココ。
勝手に決める。ウンウン

福岡でいえば元祖長浜やろ(笑)

こってり病みつき。また来る、ココは。



  

Posted by タカ at 09:00Comments(0)イタリアネタ

2013年04月28日

ルーカの成長

Laponeのオーナーの息子のルーカはこんなに大きくなってました。

2012年9月のルーカ




2013年4月のルーカ







こういう宿は人間味があっていいですね~。また、次に来たら成長してる・・・それも楽しみの1つ。

モウは以前と変わりなく人懐っこいww
左側のM本さん、柿の種をモウにやって、カトレーナに怒られるface07





  

Posted by タカ at 09:00Comments(0)イタリアネタ

2013年04月27日

旅先でのバースデー

旅先で誕生日を迎えられたMさん。
フィレンツェ郊外の農家の宿・San Leoでささやかながら皆さんでお祝いをしましたface02

中世の時代、オリーブ工場だった部屋を貸切にしてのここならではの夕食。

Mさん、うんじゅううんさい、おめでとうございます!!







いつまでも元気で、どんどん旅行に行ってくださいね!

Mさんの旦那さんは6月に誕生日、そのときはまた一緒ですね・・・

ドイツで。

今年は夫婦揃って海外で誕生日を迎えられますね、一緒にお祝いできて嬉しいですface02

そして、これはオルビエートでMさんのうんじゅううん歳+4日目の朝にあけたシャンパンです(^O^)/


決して買っていたのを忘れていたわけではありません。
  

Posted by タカ at 09:00Comments(0)イタリアネタ

2013年04月26日

1つ年下のワイン

今回のアグリツーリズモではワイナリーの見学は一か所のみにした。

ワイナリーはアップダウンのあるぶどう畑の間をバスで行き、辿りつく・・・

VERRAZZANOというワイナリー

バスを降りたとたん、参加者からは「あー素敵・・」という声。

建物、庭、ここから眺める風景。。。。どれも素晴らしい。。











そして、ここで1つ年下の1972年のワインと出会いました。
私の妻と同じ年。




ワイナリーをひとまわり見させていただいた後は、オーナーが出てきてくれて一緒に写真。
そのあとは試飲。
スーパートスカーナーは予定に入っていなかったのに、我々の強い要望で出してもらった。
言ってみるもんである、ウンウン
グラッツエ。









  

Posted by タカ at 09:00Comments(0)イタリアネタ

2013年04月25日

世界一のジェラート

ジェラートの世界大会で二度も優勝をしているジェラテリア・ディ・ピアッツァ

この店は塔が立ち並ぶ街で有名なサンジミニャーノにあります。




サンジミャニャーノは雰囲気のある街で散策をするのも、とても楽しい!







  

Posted by タカ at 09:00Comments(0)イタリアネタ

2013年04月23日

イタリア料理レシピ

リクエストを多数いただきましたので・・・

今回のイタリアアグリツーリズモの料理教室のレシピの一部です。

簡単にできるので、是非作ってみてくださいface02

と言いながら、私は何もしていないのでよく分かりませんので質問はご遠慮ください(笑)

【ペーストのラザニア】LASAGNA PESTO
500g 板パスタ
300g モッツァレッラチーズ
1L  ベシャメルソース②
200g ペースト①
400g パルメザンチーズ
(モッツァレッラの代わりにリコッタチーズでもOK)

①ペーストをつくる
バジル、オリーブオイル、松の実、パルメザンチーズをミキサーにかける。
分量はお好みで大丈夫。
②ベシャメルソースをつくる
100g小麦粉、100gバター、1リットルの牛乳を鍋に入れて弱火で作る。
③耐熱皿の底にバジルペーストを薄く引き、板パスタ、バジルペースト、リコッタの順にのせ、最後にペーストとパルメザンチーズをのせる。
④180度で40分、最後の5分ぐらいで松の実を散らして軽くトーストさせる。

【鶏肉のビール煮】POLLO ALLA BIRRA
1.5kg 鶏の胸肉
1本 にんじん
3玉 たまねぎ
ローリエ
1L ビール

①鶏肉は筋を取って鉛筆状に細長く切る。小麦粉をつけておく。
②たまねぎとにんじんはミキサーでみじん切りに。
③鍋にオリーブオイルを敷き、②をいためる。
④①を足し、さらにいためる。
⑤ローリエとビールを足してひと煮たちさせればできあがり。

【ティラミス】TIRAMISù
6 卵
120g 砂糖
500g マスカルポーネチーズ
コーヒー、カカオパウダー
400g サヴォイアルディ

①卵を黄身と白身に分ける。
②白身はメレンゲにする。
③黄身は砂糖とよく混ぜる。
④③にマスカルポーネチーズを足す。
⑤②と④を混ぜて冷やしておく。
⑥サヴォイアルディにコーヒーを浸して皿にひく。
⑦⑥の皿に⑤を注ぐ。
⑧⑦の上部をコーヒーに浸したサヴォイアルディで埋める。
⑨カカオパウダーを振りかける。冷やせばできあがり。






  

Posted by タカ at 16:40Comments(0)イタリアネタ

2013年04月23日

イタリアンアグリツーリズモはいいぞ~④

ピザ教室、ハイキング、ヨガ教室に引き続きやったのは・・・

【イタリア料理教室 今度はフルコース!】

オルビエートの白ワイン農家の宿「Lapone」のオーナー、カトレーナは料理学校卒業。
そのカトレーナ、カトレーナのお母さん、Laponeのシェフの3人がかりによる贅沢な料理教室。

プリモピアット(第一の皿)はラザニア
セコンドピアット(第二の皿)は鶏肉のビール煮
デザートはティラミス


最後の夕食は仲よくなった仲間で一緒に作り食べるという感じで企画。

東京から参加の方、福岡から参加のご夫婦、女性同士の友人、佐賀から参加のアルコールの飲めない方、私の友人・・
最初は面識もなかった方々も7日間のこのツアーで仲よくなりました。

みんな楽しい方でずっと笑い通しの7日間。























参加してくれた皆さん、本当にありがとうございました。<(_ _)>

そして、私の要望にきちんと応えてくれた・・・
現地を総合アレンジしてくれた宮本さんをはじめ、
San Leoのパトレッェア、
Laponeのカトレーナ、
シェフの皆さん、
ハイキングガイド、
ヨガの先生
そして、みんなのアイドルになったルーカ
本当に感謝しております。
皆様のご協力がなければ、こんな楽しい7日間に出来なかったです。






















これからも協力してもっともっとイタリアのよいところを日本の方に体験してもらいましょうね!!face02




9月の秋のアグリも8名限定募集
参加されたい方と思った方は
メールくださいね


  

Posted by タカ at 05:45Comments(0)イタリアネタ

2013年04月23日

イタリアンアグリツーリズモはいいぞ~③

ピザ教室、ハイキングに引き続きやったのは・・・

なんと・・・

【ヨガ教室IN 8名で貸切のLAPONE】


オルビエートの白ワイン農家の宿「Lapone」
ここの最初の日本人のお客さんは私たちのグループ。
そして日本人で2番目のお客さんも私たち。
ということでオーナーのカトレーナはずいぶんよくしてくれる。

8名で貸切なんていうから狭い宿と思うでしょ。
とんでもない贅沢に使わせてもらっているんですよ。



前回来たときに、カトレーナの旦那さんと話をした。
せっかくここに泊まるんだったら、ここにゆっくり滞在して何かできないかなぁと私。
・・・・・・・
「知り合いにヨガの先生がいる」と旦那。
「うん、それでいこう!」と昨年9月のこの会話からはじまったLaponeのヨガ教室。

希望者だけと言っていたが、全員参加。

40代から70代まで。
柔い人からめちゃ固い人まで。


みんなの感想は、普段使っていないところを動かしたりするのでほどよく疲れて痛気持ちいいねと。face02face03

今回のツアーは美味しいものを食べるだけでなく、体も動かすのです(笑)

ちなみに先生はローマ人でインドでトレーニングを積んだインストラクターが来てくれました。









そして、ヨガで汗を流した後は・・・・・


宿の前に広がる緑の山々をつまみに


冷たいビールで乾杯(^○^)





続く・・・


9月の秋のアグリも8名限定募集
参加されたい方と思った方は
メールくださいね

  

Posted by タカ at 04:02Comments(0)イタリアネタ

2013年04月22日

イタリアンアグリツーリズモはいいぞ~②

ピザ教室に引き続きやったのは・・・

【ハイキングINイタリアン田舎の風景ww】

オルビエートの白ワイン農家の宿「Lapone」に提案したハイキング。
向こうの山に見える村からLaponeに向かって山道を歩く簡単なハイキング。
所要時間1時間30分でおもに下りなので、79歳の方でも参加できました。

いいですぞ~~。
異国の緑の中、誰~も通らない山道を歩くのも


まずは宿から遠くに見える住人が20名という小さな小さな村まで車で運んでもらう。
ハイキングガイドはこの20名の村の住人でチェコ人。
そのガイドのあとをみんなで歩く。

異国の緑の中を歩くというのが歩くのが好きな私にはめちゃ嬉しい!















そして、完歩あとのさわやかなビールがまたいいface02




続く・・・


9月の秋のアグリも8名限定募集
参加されたい方と思った方は
メールくださいね


  

Posted by タカ at 22:43Comments(0)イタリアネタ