› どこでも漫遊記 › タカの一押しイタリア旅行

動画作成:向田 隆

2014年02月23日

イタリアアグリツーリズモ説明会

毎年、イタリアの季節のよい春と秋に開催しているイタリアアグリツーリズモの説明会を明後日2月25日に開催します。

観光地を巡るだけではないこのツアーの魅力を今までのツアーの写真をご紹介しながら私がお話します。

ぜひ、ご都合のつく方はご参加くださいませ。face02

2月25日(火) 18:30~ 45分程度  参加費 無料
場所:博多偕成ビル 8F ミレ・ジョブカレッジ博多駅前校 
福岡市博多区博多駅東2丁目5-28(博多駅筑紫口ヨドバシカメラ向かい 1階キンコーズのビル)




  

2013年10月26日

澄んだ空気の中イタリアンカントリーライフを!②

来年4月のイタリアアグリもハイキングを入れてますよ。

【ハイキングINイタリアン田舎の風景ww】

オルビエートの白ワイン農家の宿「Lapone」を拠点としたハイキング。
向こうの山に見える村からLaponeに向かって山道を歩く簡単なハイキング。
所要時間片道1時間30分。

いいですぞ~~。
異国の緑の中、誰~も通らない山道を歩くのも


まずは宿から遠くに見える住人が20名という小さな小さな村まで車で運んでもらう。
ハイキングガイドはこの20名の村の住人でチェコ人。
そのガイドのあとをみんなで歩く。

異国の緑の中を歩くというのが歩くのが好きな私にはめちゃ嬉しい!















そして、完歩あとのさわやかなビールがまたいいface02




続く・・・





  

2013年10月23日

澄んだ空気の中イタリアンカントリーライフを!①

今年の4月にやったイタリアアグルツーリズモ、来年の春の予定が決定!

今年と同じく、イタリアの農家の宿にゆっくり泊まるのがメイン。
宿も恒例で好評のお宿。オリビエートは貸切。

普通の観光は出来るだけ少なくし・・・・・・

4月にやったときはいろんな体験をお客様にしてもらうようにしました。

①ピザ料理教室
②ハイキング
③イタリアフルコース料理教室
④ヨガ教室


観光よりも体験に重視をおいたこのツアー。

最後に参加されたお客様に感想を聞いてみましたが・・・・




大成功!



ゆっくり出来た
こんなツアー無かった
来てよかった
笑ってばかりで楽しかった

・・・・・
と、声をいただきました。

このアグリツーリズモはトスカーナの気候のよい春と秋の漫遊定番ツアーにしていくつもりです。

いつかは行きたいと思っている方は、是非、参加してみてくださいね。

【ピザ教室 IN San Leo】
イタリアのオリーブオイルの品評会で第2位に輝いたオリーブ農家のSan Leoの宿に私がお願いしたのが・・・
ピザ作り教室
シェフを呼び、指導をうけ、みんなでピザを作る。
結構、これは楽しい・・・・
私のが一番下手で古代ピザなどと言われたが、それでもわが子が一番かわいいようにそのピザを私は食べたww・・・・・モサモサしたface07













そして・・・・私の作った古代ピザ・・




今回(来年4月)はこのピザ教室の代わりに「本格的パスタ教室」をやります。face02


4月の秋のアグリは10名限定募集
参加されたい方と思った方は
メールくださいね
  

2013年06月12日

イタリアアグリツーリズモ第3弾!!

昨年の9月、今年の4月。

秋と春。

このめちゃくちゃ気候のよい時期に企画している「イタリアアグリツーリズモ」。

観光をメインとせずに、カントリーライフを楽しむスタイルの旅行。

第3弾目となった9月の旅行に

新しく加わった宿、サンタ・ソフィアのLA LUNA

なんと、今回、ここも貸切

オルビエートの宿はオーナーのカテリーナMSがわざわざいつも貸切にしてくれるのですが・・・

サンタ・ソフィアの宿LA LUNAのオーナー、イレスMSも太っ腹で貸切。

だから、今回はミラノに到着して、ミラノで1泊したら

サンタ・ソフィア2泊 貸切

オルビエート2泊 貸切



すごい贅沢プランになりました!


では、今回はじめてのLA LUNAをご紹介しますね。
まずは遠望・・・田舎ですね~face08
この時点であ~行ってみたい!という人と何、こんなとこに泊まるの?という人に分かれるはず(笑)




前者の人のみ、次へ・・・


玄関に到着・・・・











そして室内もこんないい感じface02







いいね~、この宿も。


ということでまたまた8名限定で募集します。

一緒に行きませんか?







  

2013年01月05日

オリーブ農家の素敵な宿

4月のイタリアアグリツーリズモ
まだまだ募集をしております<(_ _)>

今回はフィレンツェの宿をご紹介しましょうね。

フィレンツェの郊外にあるアグリツーリズム宿泊施設のSan Leo。
中心部から30km。
ここがまたのどかで素晴らしいんです。

今回、皆さんが到着してから出発するまで全行程ご案内してくれる日本人のコーディネーターの方がおります。
その方はワインショップも経営しているっていうのは前回、書きましたね。
ワインショップではイタリアの食材も扱うので、そんな関係から農家の方とのコネクションも大あり。

実はこの宿のオーナーはオリーブ・オイル作りの名人でイタリアでの昨年のオリーブオイルコンクールで第2位を取ったオリーブ・オイル作りの名人。

お名前はパトリッツィアさん。
9月に行った時も本当、朝から晩まで働く働き者のお母さんって感じでした。


そんなパトリッツィアさんが経営している宿は周りにオリーブの林がありますので朝晩のお散歩を是非してください。
もちろん食事のときはそんな美味しいオリーブ・オイルをたっぷりかけさせてもらって食べましょうね。

宿のお部屋の造りはバラバラ。
どれも作りがオシャレです。
公平に申し込み順にお部屋を選んでもらうことにしましょう。
以下のお部屋をもらうことになっているので、旅行前に参加者には間取りを見てもらい選んでもらいますね。

FALCO 52平米 
GATTO 40平米
UCCELLO 50平米
CIVETTE 98平米 シャワールーム2つ
OCA 75平米 シャワールーム2つ
LIMONAIA 45平米 































でもね、どれも素敵なお部屋ですから大いに楽しみましょうね。

こういう宿ではほんと、の~~んびり過ごしてくださいね。

こんな感じで・・・



行ってみたい!と思った方は下記をクリック
詳しい行程が出ています。

  

2012年12月08日

帰ってきたアグリ!!

アグリツーリズモの魅力にはまったタカです。

9月にイタリアのアグリツーリズモを実施し、大好評だったため・・・

トスカーナ地方に春が来る「4月」に
またまたやりますよっ。




前回のアグリよりもさらに進化し、そして値段も押えた
ニューアグリツーリズモ


まずは定番観光をまったく外しました(笑)
いろいろ見て回りたい人には・・・・・・・・不向きです。face07

今回のアグリの宿は、前回も利用しましたが、
フィレンツェは気風のいい、働き者の女将がいる「San Leo」


 
オリビエートは若夫婦が経営する「Lapone」


どちらも素晴らしい~人のぬくもりある宿。face02


Lapone は前回、私たちが日本人でははじめてのお客様だと喜んでくれてもてなしてくれた。
そんなLaponeはまたまた貸切させてくれるらしい・・・


これを8名とかで貸切っすよface08

好きなお部屋を選びましょうねww


ローマの宿泊は着いた日だけ1泊、ヒルトン ガーデン インをご用意。
まあ、この日は遅く着くから、普通のホテルです。
といってもヒルトンですがね。

そしてですね~~
今回は本年度中に申し込んでくれた方に限りの特別サービスをホテルとアグリに頼みました(^o^)丿


なんと!!
2012年中に申し込んでくれた方には・・・・








ジャーン!!








①ヒルトン ガーデン インは
ファミリースィートの部屋を
ご用意!!







もう1つは1人参加に嬉しい特典!face08








②1人で参加の方は
1人部屋追加代金を免除!!



なんと
太っ腹!


太ってる・・じゃないよface04

どうせ、申し込むなら
今年中がチャンスですよ。


ツアーのことはまた書きますが、ご興味がある方はクリック!クリック!



  

2012年07月11日

天空の町に行こう!!

9月下旬のイタリアのコーディネートを頼んでいるMさんからメールが来ました。

Mさん:WROTE:
----------------------------
西山さん

お世話になっております。

余談なのですが、最終日の日曜日、ローマ法王の説教を聞きに行く前に
オルビエート近郊にあるcivita di bagnoreggioに立ち寄るというのもいいですね。

あくまでもみなさんがお疲れでなければ、です。

日本では宮崎駿さんの「天空の城ラピュタ」にちなんで天空の町と呼ばれているそうです。
こちらでは「死にゆく町」と呼ばれていますが。
幻想的な光景がとても美しいです。
車は貸切ですし、直前で決めてももちろん構いませんが、美しいので・・・
また映画「ホタルのヒカリ」の撮影場所になったとか。

これではオルビエートからは宮崎駿ファンに贈るツアーになってしまいます・・・









-------------------------------
ナイスアイディアではないですか!

行こう!天空の町にも

Mさん、めちゃ、素敵じゃないですかface02

行ってみたい!と思った方は下記をクリック
詳しい行程が出ています。
  

2012年06月27日

何もしないことが何よりの贅沢(^O^)/

素晴らしいホテルに宿泊する場合、何が贅沢か分かりますか?

何もしないことが何よりの贅沢!

ですよね。

今まで4回に分けて紹介をしてきましたイタリアでアグリツーリズモですが7泊目のイタリア最後の夜はオリビエートで宿泊をします。

こだわりにこだわったこのツアーは16世紀に修道院として使われていた建物をホテルとして利用しているHotel La Bandia di Orivietoに宿泊しますよ。

ジャーン!



めちゃめちゃ素敵じゃないですか?



えっ??廃墟っぽいって??icon196
それが、それが中はきちんとしてるからオシャレなんですよ・・・
見てくださいよ、この部屋。外観からは予想がつかないでしょ。
中世に紛れ込んだようなこの空間でこのお部屋。










こういうホテルに宿泊するからには早めにチェックインしましょうね。

だって・・・

何もしないことが何よりの贅沢!

行ってみたい!と思った方は下記をクリック
詳しい行程が出ています。
  

2012年06月25日

こころの洗濯INイタリア2

フィレンツェでの滞在は「ゆったりタイプ」「観光・ショッピングタイプ」に分かれましょう。
ゆったりタイプの方はペンションで本を読んだり、プールで泳いだり、ビールを朝から飲んだりして1日中ゆっくりと時間を感じてください。日本人って、こういうの苦手な方多いですよね?
 せっかくだから分厚い本icon91を持ってきてはいかがでしょうか?
イタリアの田園風景を見ながら、チビリチビリとワインicon152やビールicon142を舐めながら本を読む、眠くなってきたらそのまま横になって昼寝。face06
仕事に追われている日常では出来ない余裕の時間ですよね。

もう1つはフィレンツェに初めて来たという方にお勧め。
数多くの芸術家を生みだしたフィレンツェはブラブラ散策するのも面白いですよ。アグリツーリズムのペンションから離れて街の中心部へ。
ベッキオ橋ドゥオーモなどを散策して眺めながら、ショッピングなどをしたい方はこちらで時間をとりましょう。
フィレンツェの細い路地は趣きがありありですよ。
ブランド品からイタリア食材から欲しいものは全部チェックしましょうね。
ガイドさんももちろん随行しますので、何でも聞いてくださいね。

フィレンツェ中心部の散策が終わったら、せっかくなのでミケランジェロ広場まで行ってみましょうね。
フィレンツェが一望できるこの場所。
レンガ色の屋根の色が統一されていて、ルネッサンス時代の華やかかりしときを感じさせる街並み。いいですね~。タイムスリップです。





さあ、観光が終わったら「ゆったり」組の待っているペンションに戻りましょう。face02

行ってみたい!と思った方は下記をクリック
詳しい行程が出ています。


  

2012年06月23日

こころの洗濯INイタリア

イタリアアグリツーリズムの紹介は第三話。
モンタルチーノの次はフィレンツェの宿をご紹介しましょうね。

フィレンツェの郊外にあるアグリツーリズム宿泊施設のSan Leo。
中心部から30km。
ここがまたのどかで素晴らしいんです。

今回、皆さんが到着してから出発するまで全行程ご案内してくれる日本人のコーディネーターの方がおります。
その方はワインショップも経営しているっていうのは前回、書きましたね。
ワインショップではイタリアの食材も扱うので、そんな関係から農家の方とのコネクションも大あり。
今回のフィレンツェの宿は特にわがままが聞いてもらえると言って、その方が選んでくれた宿。

いいね~~、わがまま。普段、わがまま言わないから言ってみたい・・・・

実はこの宿のオーナーはオリーブ・オイル作りの名人でイタリアでの昨年のオリーブオイルコンクールで第2位を取ったオリーブ・オイル作りの名人だということ。
お名前はパトリッツィアさん。

そんなパトさんが経営している宿なので周りもオリーブの林がありますので朝晩のお散歩にいかがでしょうか?
もちろん食事のときはそんな美味しいオリーブ・オイルをたっぷりかけさせてもらって食べましょうね。
そうだぁ、パトさんはチンタセネーゼのサラミも作っているので是非、食べてくださいとのこと。
正直、チンタなんとか・・私は知らないけど・・・金太の大冒険なら知ってるけど・・・・うまいんだろうな。

宿ですが、ここもオシャレな名前が・・・
前回のモンタルチーノはワインの名前でしたよね?
今回は部屋に動物の名前がついているんです。

ネコ
ガチョウ
フクロウ
メンドリ
ハヤブサ
など























ペンション風に建物が分かれており、それぞれ部屋はまったく違う。
もうこれはじゃんけんするかあみだくじするしかないですね。




ただ、どれも素敵ですから大いに楽しみましょうね。
フィレンツェ滞在中の過ごし方はまた次回!

行ってみたい!と思った方は下記をクリック
詳しい行程が出ています。