› どこでも漫遊記 › 旅のハプニング

動画作成:向田 隆

2015年10月20日

添乗員のトラブル時の心得5か条

新入社員の2人がそろそろ1人で添乗業務をすることになる。
旅行がうまくいっているときは添乗員の業務はさほど目立たないが、
トラブル、天災・・・・などがあったとき、いかに対応するかが大切である。
私も今まで数々の経験がある。

台風に見舞われたり、
洪水にあったり、
土砂崩れで1本しかない道が封鎖になったり、
ひどい交通渋滞に巻き込まれたり、
お客様が誤解で警察に連行されたり、
・・・・・などなどなど
書けばきりがないface04

まあ、そういうときはまずは自分が落ち着くことが前提、
その上で次ぎの5つを頭にいれておくこと。

トラブル発生⇒腹が減ってないか?

例えば、バスがパンクしたとする代わりのバスが来るのに、または修理するのに1時間ほどかかるとする。
もし、お客様がおなかが空いていたら、イライラも倍増する。
まずはお客様が落ち着いて待てるような空間を確保し、軽食、飲み物を提供し、リラックスしてもらう。
その間に自身はトラブルを解決。

やれないと思うな、俺だったらできると思え。

添乗に限らず、仕事もそうである。
俺なら出来ると思っている人と出来るか出来ないか迷っている人では相手の対応も変わってくる。
満席の飛行機があっても取れると思って対処すれば、道が開けることがある。

1人1人に説明するな!みんなを集めて説明しろ!

天候や交通状況で行程変更が余儀なくされる場合は自分の判断をまとめて、参加者全員を集めて説明をする。
1人1人に個別に説明すると時間もかかるし、個々の意見が入り、収拾がつかなくなり対処が遅くなる可能性が出る。
参加者の中で強く意見を出してきそうな人がいたら全員を集める前に根回しをして意見のすり寄せをしておくことが必要。

問題を一度に解決しようと思うな!

大きな問題は因数分解せよ、そしてそれぞれの問題を順序を決めて解決せよ。

お金を有意義に使え!

変な言い方だがチップ(あえてチップと言おうw)次第で動いてくれる人もいる。
ある国ではお金次第で警察は敵にも味方にもなる(笑)
ただ、渡す人を間違えると逆にトラブルになったり、捨て金になったりする(笑)



頑張れ!笠くん、亀澤くん。

  

Posted by タカ at 08:44Comments(0)旅のハプニング

2015年08月02日

施錠カメラマン

友人らと湯布院の別荘を借り、1泊2日でBBQなどを楽しんだ。
私らは土曜日の正午には別荘につき、ビールを飲みながら全員が到着するのを待っていた。
今回は大人8名、子供7名の15名。
この別荘には大きなリビングがあり、その他に和室が1部屋、洋室の寝室が5部屋もあるので余裕で収容できる。

ビールを2、3本飲んだ頃に松本カメラマンがお酒を大量に持って登場。
それからベランダでBBQをするために火をおこし出す。
炎天下の中の火起こしはすこぶる居心地が悪いがビールや焼酎をぐびぐび飲みながら頑張る。

松本カメラマンは庭で子供らを集めて燻製教室を開催。
松本カメラマンは話し出すと止まらない・・・
子供らも炎天下で体育祭の長い校長先生の話しを聞くような感じで気の毒だface07



Hさん差し入れの焼酎かめしずくも底をつき、森伊蔵もなくなり・・・と焼酎のペースはぐんぐん上がっていく。
そのうちBBQ組の火もおき、肉を焼きながらアルコール摂取をしていく。

菅乃屋のH島さんが店から勝手に取ってきた馬肉を差し入れしてくれて、馬肉の焼肉も楽しむ。
結構、飲んだなと思って時計を見ると。。。
まだ17時(笑)
12時からハイペースで飲んでいるので結構、酔っている・・



そのあとも適当に飲んでいたのだが、私は夜はめっぽう弱い・・・
22時くらいには子供らより先に寝たようだ・・・

そして、事件は起きた!

松本カメラマンを含む大人6名はワインやら酎ハイやらを深夜2時くらいまで飲んでいたらしい。
松本カメラマンは上機嫌で語る。H田さんは半分寝ながら笑う。
そしてみんな酔ってきたし、もう遅いので1人1人とリビングから自分の部屋に帰り就寝していった。
松本カメラマンは2Fの寝室だったので、そこに戻っていった。
と誰もが思っていた!!face10

しかし、

松本カメラマンは庭に夜風にあたりに行って、
そして、そのままなんと庭で寝てしまったface07

もう全員、部屋に戻ってしまったのでTさんはきちんと戸締りをしてくれた。
玄関もベランダも庭のドアもすべて開いていたので、すべて鍵を閉めてくれた。

酔っ払いのメンバーの中で頼れる存在だ。

松本カメラマンがまさか庭で寝てるとは知らない・・・・icon196

しばらくして、松本カメラマンはふと目が覚めて、庭で寝てたのに気づく・・・
そして部屋に入ろうとするが・・・・どこも開かない、すべて施錠されている。icon196
しばらく悪あがきをしていたが、諦めBBQのときに出した椅子をベットにして寝る。
湯布院の夜は寒いが・・・自業自得だ

・・・・・・・

・・・・・・・

朝5時前、早起きの私と数名の子供らが起きる。
「えっ!なんで松本さん、外におると?」と外にいる松本カメラマンを発見!face08
ようやく鍵が開けられ、中に入り、リビングで倒れこむように寝る松本カメラマン。



毎回、毎回、事件を起こしてくれますが、そろそろ落ち着いてくださいね(笑)
それが松本カメラマンの醍醐味ですが。face02

今回の教訓

飲んだら、出るな!



  

Posted by タカ at 21:29Comments(0)旅のハプニング

2015年07月31日

気をつけよう!よくある?旅の注意点

もう時効になったのでブログで書いても許されるかと・・・

ある国に添乗員で行っていたときのこと。face02


朝、6時前。
部屋のドアがどんどんと叩かれる。

早起きの私は当然起きていたが、
こんな早くに一体、誰が来たのかと
ドアのスコープから覗く。

お客さんのAさんがそわそわしながら立っている。
あと2年ほどで70歳になる小柄なおじ様だ。

スコープから見える姿は・・・

なぜなのか?
Tシャツにブリーフで立っている。face04


え??何?何?
Aさんはもしかしてそっち系?face07
私は狙われてる?icon196
ドア、開けてもいいものか?と一瞬迷ったがw
何かあったのかもしれないし…と覚悟を決めてドアを開ける。


西山さん、すみません・・・
ズボンのポケットに財布に入れずにそのままお金を入れていて・・・・
面倒だったから・・・
ズボンごとセーフティボックスに入れてしまったんです・・・・
何回やっても開け方が分からず・・・・
ズボンが取れないんです・・・・icon41












旅のプロが教える丸秘対策icon195




①ズボンは2枚以上持っていく



②ズボンをセーフティーボックスに入れない。




  

Posted by タカ at 16:24Comments(0)旅のハプニング