› どこでも漫遊記 › フィリピンネタ › キリンと遊びたい

動画作成:向田 隆

2017年08月17日

キリンと遊びたい

ディクマヤ島からボートで1時間、いや乗り換えをしてさらに1時間進んだところにカラウィット島というのがある。
カラウィット島はマルコス元大統領がアフリカのケニアから連れてきた動物たちを放し飼い、いや放置した島。
アフリカのサバンナと同じような植生になるように樹を伐採して、サバンナっぽくしている。
ここでは今その連れて来られた動物たちの子孫が悠々と暮らしている。
特にキリンとシマウマは我が物顔。

ディクマヤ島(クラブパラダイス)にはここへのオプショナルツアーもあり、娘らはキリンに会いたい!!と出発前からこのツアーの参加を希望していた。
(参考まで、カラウィット島へのツアーは3800PHP 1PHP=2.3円)

昨年、私がこの島に泊まった時は天候が悪く、カラウィット島へは渡れなかった。
そこで今回は天気がいいうちにと到着した翌日に行くことにした。

バンカーボートに私たち家族4名の貸切で乗船。
船は西へ進んでいく。
時折、トビウオが海から飛び出し、飛んでいるのが見える。
ボートを途中で小型ボートに乗り換え、マングローブの川をクネクネと漕いで進み、やっと到着。




ボート乗り場のところにはウサギの糞のようなコロコロとした糞がたくさんある。
これは誰の落とし物だ?とガイドに聞くと
「キリンだ」と答える。
すごい!まさに放し飼い、いや島に放置してある(笑)

管理事務所で名前、国籍、生年月日などを記入し、歩いて島の奥へ進む。
やたらと丸っこい糞がたくさんあり、踏まずに行くのが難しい。
しばらく行くと目の前が開け、サバンナのようになっている。
これは木を伐採したのだろう。
遠くにキリンも何頭も見られ、檻のない島を悠々と暮らしている。
首が短い???
天敵のライオンなどの猛獣がいないからか?首が退化して短くなっているようである。気のせいか?
ガイドがキリンに近よらないように注意する。
キリンのキックはライオンも恐れるほど危険だ。
のほほんとした次女のるなには特に注意をする。
キリンと一緒に写真を撮るのもある程度、離れてではないと怖い。








ここにはキリンに餌をあげれるコーナーが作られている。
檻の中に逆に人間が入り、そこからキリンに葉っぱをあげられる。
娘らもキリンに直接葉っぱがあげられるということでハイテンション!!
最初はこわごわ餌をやっていたが、だんだん慣れてくる。
かわいいね~と次女のるな。
そしてるなは最後は口移しで葉っぱをあげるまでに。








キリンとこれだけ触れ合える場所があるだろうか?
もちろんアフリカではできない(笑)

子供には大人気のカラウィット島であった。


↓参加中です。よかったらクリックお願いします!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 添乗員・ツアコンへ
にほんブログ村
同じカテゴリー(フィリピンネタ)の記事画像
ウミガメと一緒に泳ぎたい
ジュゴンと一緒に泳ぎたい
フィリピン観光セミナー参加
ピナツボ火山に登る 後編
ピナツボ火山に登る 前編
何でも食べる男
同じカテゴリー(フィリピンネタ)の記事
 ウミガメと一緒に泳ぎたい (2017-08-17 11:00)
 ジュゴンと一緒に泳ぎたい (2017-08-16 17:07)
 フィリピン観光セミナー参加 (2017-06-28 15:34)
 ピナツボ火山に登る 後編 (2017-05-20 04:57)
 ピナツボ火山に登る 前編 (2017-05-19 15:11)
 何でも食べる男 (2016-12-08 17:31)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。