› どこでも漫遊記 › タヒチネタ › タヒチ パペーテ散策②

動画作成:向田 隆

2017年10月24日

タヒチ パペーテ散策②

タヒチでの無理やりの名所観光の続き・・・

再度いうが、タヒチではビーチでのんびりするのがいい、ホテルでゆったりするのがいい。。face02

名所なんかまわらなくていい・・・

でも、歩いてまわってみた

タラホイ広場




昔の平和と威信のシンボルで、偉業お成し遂げたヒヴァという戦士や戦略的同盟を結んだ偉人の「アリイラヒ」の集まりの場でした。
自然と植民地時代にはパペーテの政治の中心になって総督の住むところになりました。
以前は音楽堂がありました。
1878年にプランシュ総督のよって作られて、毎週木曜日にファンファーレを聞くために大勢の人が集まりました。
公館の前の芝では1966年までパリ祭の祭りに欠かせない歌と踊りのコンクールが行われていました。


ポヴァナア・アオオパの胸像




歴史的に有名な偉人です。
1895年5月10日にフアヒネ島で生まれた自治論者のリーダーは、1949年と1958年の間に代議士となり、1971年から1977年まで上院議員でした。
彼の発言は植民地システムの乱用とあさましさを非難するということでした。
彼は刑務所に入れられて、亡命もしました。
1977年7月にフランス領ポリネシアに自治権を与えられた前に彼の考え方の勝利体験できないまま。その数ヶ月前に死亡しました。
この胸像は多くの有名なフランスの政治家の胸像を作った、フランシュ・コンテ出身の彫刻家、ジョルジュウドーの作品です。


フランスポリネシアの会議




過去も現在も重要な決定が行われる建物の前で、少し政治の話しましょう。
国の普通選挙で選出される唯一の機関、フランス領ポリネシアの会議は、5つの諸島から57人の代議員で構成されています。
フランス領ポリネシアの行政を会議の審議によって決定します。
また「国の法律」いわゆる立法措置を採択し、国の予算と会計を決定し、大統領と政府の行動を制御しています。
議員は直接普通選挙によって5年間の任期で選出されています。


まだまだ歩いての観光は続く・・・







↓参加中です。よかったらクリックお願いします!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 添乗員・ツアコンへ
にほんブログ村
同じカテゴリー(タヒチネタ)の記事画像
タヒチ パペーテ散策⑥
タヒチ パペーテ散策⑤
タヒチ パペーテ散策④
タヒチ パペーテ散策③
タヒチ パペーテ散策①
同じカテゴリー(タヒチネタ)の記事
 タヒチ パペーテ散策⑥ (2017-11-17 16:34)
 タヒチ パペーテ散策⑤ (2017-11-14 09:34)
 タヒチ パペーテ散策④ (2017-11-10 16:49)
 タヒチ パペーテ散策③ (2017-11-10 16:27)
 タヒチ パペーテ散策① (2017-10-24 14:40)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。