› どこでも漫遊記 › 日本での日々 › 胆嚢炎物語 2

動画作成:向田 隆

2018年07月30日

胆嚢炎物語 2

入院3日目の朝、まだ私は点滴につながれていた。

診断は胆石性急性胆嚢炎、胆嚢腺筋腫症

この2つにより胆嚢を切除しないといけない、すなわち手術ということになった。

私 「モンゴルは絶対、行かないといけないんですが・・・」

主治医 「そうですよね、一時退院して、落ち着いた日程でやりますか?

そのかわり油っこいものや卵なんかは注意してくださいよ」

私 「はい、注意します」

主治医 「では、いつにしましょう」

私 「飲み会を3つキャンセルしたら、7/26の日程でいけますが、8/3からタイの山奥で3日間ジャングルを歩きます」

主治医 「まあ、1週間みてればいいので大丈夫でしょう」
ということで、私の一時退院が決まり、再入院は7/26からになる。

この仮退院中は

7/12~16 内モンゴルのオルドス

7/22~24 富士登山

のスケジュールが入っており、

予定では 7/26~1週間程度 入院(7/27 手術)

その後の予定は、8/3~8 タイのラフ族の村 

と、なった。

なんと身体に優しいスケジュールだろう(笑)

そして、退院し、添乗員としてモンゴルへ飛ぶ!

このツアーの参加者には医者であるM氏と看護婦であるH氏がいて、心強い・・・と最初は思った。





実際、モンゴル旅行中の宴会で

モンゴル人に酒を勧められて

私が「今、胆嚢炎で酒をセーブしてます」と身体をいたわった発言をしていると、

白ワインを持ったM氏がぼそっと言いやがった。

「アルコールは胆嚢関係ないですけどね」

icon196

味方じゃなかった・・・








(続)


↓参加中です。よかったらクリックお願いします!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 添乗員・ツアコンへ
にほんブログ村
同じカテゴリー(日本での日々)の記事画像
ブログの引っ越し
ルナザップは結果にコミット・・する?
胆嚢炎物語 5
胆嚢炎物語 4
胆嚢炎物語 3
胆嚢炎物語 1
同じカテゴリー(日本での日々)の記事
 ブログの引っ越し (2018-12-23 09:32)
 ルナザップは結果にコミット・・する? (2018-08-02 14:42)
 胆嚢炎物語 5 (2018-07-30 16:13)
 胆嚢炎物語 4 (2018-07-30 14:52)
 胆嚢炎物語 3 (2018-07-30 13:27)
 胆嚢炎物語 1 (2018-07-30 10:44)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。